インスタント・ノウハウ

休み時間を有効活用

ドラクエ3

えっ?戦士の武器代は実質ゼロ円!(スマホ版ドラクエ3裏技紹介)



ドラゴンクエストランキング

この記事で使用している画像の著作権は、株式会社スクウェア・エニックスにあります。(C) SQUARE ENIX CO., LTD.

検索などで、こちらのページを見に来た方向けに、上記画像の詳細を説明します。

【記事要約】

スマホ版ドラクエ3は、序盤から強力な武器である諸刃の剣(もろはのつるぎ)を入手する裏技があります。
時間と根気は必要ですが、タダ(ゲーム内通貨である、ゴールドの消費無し)で入手でき、後に、他の強い武器もタダで入手できます。
この記事では、入手方法などを簡単に紹介しています。

【注意事項】

他のリメイク版の場合、カザーブ東の海岸では諸刃の剣を入手できません。
スーパーファミコン版などは、ドロップアイテムが諸刃の剣から、すごろく券に変更されているためです。

【事前準備】

より詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ

・商人をレベル12以降まで育成し、穴掘りの呪文を習得させます
・商人(または、穴掘りの呪文を使えるキャラ)は一人で十分です

ゲーム開始(冒険の書を作る)段階から、10時間程度あれば達成可能です。レベル12到達直後に、この呪文を習得しないこともあるため、事前にセーブすることを推奨します。

【カザーブ東の海岸へ】

カザーブ東の海岸

不自然に強い敵が出ることで有名なエリアですね。運が良ければ、3分で入手できます。消え去り草や命の石も入手可能なので、重要なエリアです。
なお、中断セーブは上書きされます。上書きを嫌う方は、下記に追記した別の方法を行ってください。
・海岸付近で中断セーブする
・穴掘りを5回行う
・中断セーブする
・作戦→タイトルに戻る
・中断した冒険から再開
・以下、穴掘りを繰り返す

中断セーブを行わない方法
・海岸へ向かう
・穴掘りを5回行う
・ルーラ(またはキメラのつばさ)でカザーブに戻る
・あるいは、徒歩で戻り、村に出入りする
・以下、穴掘りを繰り返す

【幸せの靴も入手可能】

同様に、アープの塔周辺(フィールド上)で、幸せの靴を入手できます。
・穴掘りを5回行う
・アープの塔へ出入りする
・以下、穴掘りを繰り返す

【種集めも楽になる】

これらの応用として、種集めや貴重品収集もできます。
具体的には、ピラミッドの中で『スタミナの種』と『賢さの種』が比較的楽に入手できます。
時間と根気が必要ですが、知っていると得しますよ。

【驚きの強さ】

諸刃の剣の強さは、メラミの呪文に相当します。
大まかにいうと、今まで20~30ポイントしか与えられなかった中、簡単に60~70ポイントのダメージを与えられるようになります。
攻撃力が115ポイントも増えるので、驚異的な強さです。

ちなみに、戦士(タフガイ)2名、勇者(豪傑)、僧侶(セクシーギャル)のパーティを組み、戦士2名は諸刃の剣、勇者はブーメランなどの全体攻撃武器、僧侶は、防具にだけお金をかけて回復に専念させるのが一番効率的です。

勇者に諸刃の剣を装備させると、ムチやブーメランを装備できなくなる上に、回復が追い付かなくなるので、結果的に効率が悪くなります。全員に装備させるのは無謀でしかありません。

【当時の体験談】

序盤の山場であるカンダタ戦を間近に控え、強い武器、防具を揃えたいが資金は足りない。

リメイク版の小技で、アイテムをタダで入手する方法があったことを思い出し、そこそこ強いが高くて買えない『鉄の斧』を求めていたら……。

 
「なんと、諸刃の剣を入手!見て下さい、この切れ味!」
「すっごーい!」

 
「けど呪われているんでしょう?」
「そうなんです!」
「えーっ!!」

 
「ご安心下さい。攻撃するたびに自分が負傷しますが、タフガイの戦士がいれば、最大HPの高さで押し切れます」
「そんな無茶な!」
「いえいえ、決して無茶ではありません」
「それに、買取価格は驚きの3750ゴールドです」
「ええっ、そんな高値で買い取ってくれるんですか!?」
「序盤の臨時収入として、非常に大きな金額ですね。しかし、売るのはもったいないですよ」
「せっかくだから、装備しようかしら……」
「そうです。ここで売り払うのはもったいない」
「今なら、安心の反撃保証つきです。敵を倒してしまっても大丈夫!倒した後、必ずダメージを受けるんです」
「反撃保証の命中率は100パーセント。スカラで守備力を上げても関係ありません」
「損するじゃないかと言わないでください。タフガイの戦士なら、このリスクを背負った上で戦えます」
「回復役の僧侶や賢者がいれば、なお安心。どうです?呪われたくなったでしょう?」

そんなはずはないと思うのですが

気になる方は、こちらの番号にお電話……ではなく、こちらの記事から詳細をご覧下さい。

コメントを残す




関連記事